木下直哉の人生の生き方

木下直哉情報支援

木下直哉は財務低迷している木下工務店を建て直すなど、人が目もくれない様な視点から独自の経営能力で今の地位を得ました。

木下直哉情報支援メインイメージ

木下直哉の人生の生き方

木下直哉という人をご存知でしょうか?今や建築業界だけではなく、映画業界でも名を馳せているのでご存知の方も多いことでしょう。

木下直哉は木下工務店の代表取締役であり、またたくさんの邦画を世に送りだしている映画プロデューサーでもあります。

木下直哉は福岡の工業高校を卒業し、その後7年、不動産会社と半導体のメーカーで働きました。

24歳の時に今のキノシタマネージメントとなるエムシーコーポレーションを東京恵比寿に設立します。

不動産会社に勤務していた経験を活かし、マンションやアパートの賃貸物件を取り扱っていました。

更に年月を経て、2004年に今の木下工務店をM&Aします。

この当時、木下工務店は1000億もの債務超過しており、木下直哉は銀行に債務免除をしてもらい、買収したというわけです。

その後の木下工務店の経過を振り返れば、木下直哉の経営は揺るぎないものであったということがわかります。

その他にも低迷しているFMラジオ局を買収したり、誰も目もくれない様なところに着目し、経営を立て直し盛り立てます。

顧客からの信頼や共感をどの様にすれば得られるのか本能的にわかるのかも知れません。

木下直哉が木下工務店を盛り立てた陰には、映画プロデュースなど文化支援活動がありました。

これらが顧客の心を動かしたと木下直哉は考えているようです。

キノシタグループは今、多くの事業が展開されていますが、まずは木下直哉が木下工務店を買収したとこからスタートしているのです。

Google
www を検索 木下直哉情報支援を検索
(C) whatsappdownloadkostenlos.com. All Rights Reserved.